« 2013年11月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月

2014年1月23日 (木)

美山に行ってきました(*゚ー゚*)

僕は、京都府南丹市美山のお土産物屋さんに、グッズを置かせてもらっています。
かやの里、河鹿荘、美山かやぶき美術館の3店舗です。

でも、今まで僕のグッズは、美山の茅葺きをモチーフにしたものがありませんでした。
今年は美山らしいグッズの制作に力を入れようと思っています。
茅葺きを僕らしいポップな作風で制作しようと思っています。
今から制作を開始するので、今年の4月頃から販売できればと思っています。

その取材に、今日美山町に行ってきました。
美山は、雪が積もっていてとても綺麗でした。

街のおじさんに、「綺麗な街ですね」と言うと、「そうか、住んでいると普通だけどな」と言われました。

『茅葺きを珍しがっているけど、住んでいる人には当たり前なんだな』と思うと同時に『観光地で眺めたり写真を撮ったりしている風景の中には、町民の生活があるんだな』と思いました。

僕とおじさんで茅葺きの風景の感じ方が違うように、見る人によってものの見え方が異なります。

美山の絵を描くとき、ただ観光客の僕が観光客目線で絵を描くのはしたくないと思います。
そこに住む人の生活や温もりのようなものも表現できたらと思っています。(まだ、漠然としていますが・・・)

美山に足を運んで、いろんなことを感じて、いろいろ勉強して、僕なりの美山の絵を描きたいと思います。

乞うご期待です。

2_2

Jpg_2

↑美山の風景です

 

 

 

2014年1月20日 (月)

絵について考える

僕は、絵描きをしているので、絵について考えます。

以前の僕は、「絵がこの世から無くなったら、社会はとても味気なくなってしまう。だから、絵は必要な物なんだ。」と思っていました。

しかし、それは本当だろうか?と思い始めました。

今は、お菓子やチラシ、看板と街に絵が溢れています。絵は社会の中で飽和状態のように感じます。
その中に、本当に必要な絵は一体どれくらい有るのでしょうか。
この世界から絵がなくなっても、それはそれで人は何事もなく生活が出来るのかもしれません。

絵は社会を豊かにする側面がありますが、なくてもそれほど困らない嗜好品のようなものかもしれません。

しかし、嗜好品だからこそ半端な「技術」や「思い」ではすぐ「無くてもいいもの」になってしまいます。

だから、絵描きは覚悟と努力が必要なのだと思います。

嗜好品である絵を、誰かにとって「絶対に必要なもの」になるように思いを込めて制作していきたいです。

 

Whaleship
「whale ship」(100×148mm)2013

2014年1月13日 (月)

祝、塀、完成

去年の10月から、おばあちゃんの家の塀を作っていました。

それが、今月の5日に完成しました

 

生垣撤去など、僕1人でできる所は僕がやり、塀を組むのは父と共に行いました。

なかなか格好良い塀が出来たと思います( ̄ー+ ̄)

 

塀もできたので、今度は制作を頑張ろうと思います

26


Photo


2014年1月 9日 (木)

墨の作品

僕は、カラーインクとマジックを使った作品を描いてきましたが、最近では墨を使った作品も描いています。

来年の干支の羊を描きました。

これで、来年の年賀状のネタの完成です

ちょっと先走り過ぎかなc(>ω<)ゞ

Sheep2

Sheep

2014年1月 6日 (月)

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます

正月は、ゆっくりダラダラしていましたが、今日から制作を始めます。

 

 

新年1発目のブログなので、今年の抱負を書こうと思います。

以前読んだ、ユニクロの柳井正さんの本に、「人の成長は失敗から生まれる。挑戦して失敗し、そこでいろいろなことを学び、再び挑戦する。これが成長のサイクルである。だから人より多く失敗すればするほど、より早く成長できる。」と書いてありました。

それを読んで、そういえば僕は失敗を避けていたな・・・と反省しました。

だから、今年はいろんなことに挑戦し、たくさん失敗もする年にしたいです!!

これが、今年の抱負です。 

 

頑張るぞー 

エイエイオー 

Mtfuji1


 

« 2013年11月 | トップページ | 2014年2月 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ