« アートフリマ、終わりました!! | トップページ | へびだるま »

2014年4月 3日 (木)

弟の誕生日

3月29日は、弟の誕生日でした!

そんなわけで、30日に家族でランチに行ってきました。
京都府亀岡市にある洋食屋さんです。

メニューの写真はどれも美味しそうで、どれにするか迷いました。
そんな時、ふと「『美味しそう』というのは不思議な感覚だなあ」と思いました。
今まで食べたことのないものなのに、味を想像して食欲がわく。
そういえば、食品サンプルに対しても美味しそうと感じます。

余談ですが、インドに行って食べ物を手で食べると、感触にも美味しそうな感触と不味そうな感触があることに気がつくそうです。

話を戻して、食べ物を見て美味しそうと感じたり、他にも人が笑っているのを見て「楽しそう」と感じたり、人のけがを見て「痛そう」と感じるのは、脳のミラーニューロンという神経細胞の働きに原因があるそうです。
何か見たり聞いたりしたことを、自分のことのように感じ反応する働きが脳にはあるそうです。
(間違ってたらごめんなさい)

その話を聞いたとき、「絵はまさにミラーニューロンの働きを利用しているんだな」と思いました。例えば、風景画を見て、その場にいるように感じたり、冷たさや暖かさを感じたり、肖像画を見て、モデルの幸福感や絶望感を感じることは、多くの人が経験したことがあると思います。
例えば、ムンクの「叫び」を見たとき、絶望感や不安感を感じませんか?

だから、画家は「○○な感じ」を表現することに苦心します。
上手く描けたとか、褒められたとか以上に自分の表現したかった「感じ」が伝わった時がとても嬉しいです。
少なくとも僕は。

Photo

« アートフリマ、終わりました!! | トップページ | へびだるま »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

君の絵を見て私は元気が出る 気持ちが明るくなる  そういうことだね

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 弟の誕生日:

« アートフリマ、終わりました!! | トップページ | へびだるま »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ